五十肩でお悩み 腕を上げると痛い 夜中にうずく

五十肩とは?

五十肩でお悩みの方

五十肩とは四十肩ともいわれますがどちらも同じことを意味し、主に40代から50代に多く起こるするために五十肩と呼ばれますが正式には肩関節周囲炎というものです。

五十肩(四十肩)は、一般的には肩こりとは少し違う場所が起こります。肩こりが首筋から肩や背中にかけて症状が出るのに対して、五十肩(四十肩)は主に肩の関節部分の痛みが大部分となります。

「痛みで腕が上がらない…」や「腕を挙げようとするとズキッと痛む…」というのは五十肩で一番よくお聞きするフレーズです。つまり五十肩は「肩の痛みの為に腕が上がらなくなる」というものなのです。

五十肩を放置するとどうなるの?

五十肩 痛み 腕が挙がらない

痛みが無くなったのにうでが上がらないんです…

五十肩を適切な施術を受けずに長期間放置したり、うまく治らなかった方の多くがこのような状態になります。

どうしてもっと早く施術を受けなかったんだろう…

肩が以前より上がらなくなった五十肩の患者様の多くがこういわれます。「整形外科や病院に通って施術を受けていたのだけれど、こんな状態になるなんて聞いていなかった…」こうなる前に早期の施術開始がもっとも重要です。

以前は出来ていたスポーツができなくなった…

五十肩になるまではゴルフやテニスなどを趣味で楽しんでおられた方も、程度にもよりますが五十肩になったとたんスポーツを満足にできなくなり、無理に動かすとあとになりズキズキ痛み悪化にもつながります。

妙法寺鍼灸整骨院の五十肩治療

五十肩治療

肩関節の動きをつけることを最大のポイントとしています

 

五十肩の痛みは必ず引きます、痛みが引いた時に肩がしっかり動くようになるためには運動開始時期の見極めが最も重要となります。炎症がきつい時期には炎症を抑え痛みが取れるようにアイシングなどを行い、炎症が治まってきたら積極的に肩の状態を見極め、状態に合わせた運動療法を行うことが早期の回復に重要なのです。

肩甲骨を施術することで肩の負担を減らし可動域を広げていきます

 

肩関節は本来の肩の部分と肩甲骨が連動して動いているのです。そのために五十肩などで肩の動きが悪くなると、肩甲骨で動きをカバーしようとします(代償運動)、ふだんあまり動かさない部分に過度の負担がかかるため、肩を中心に全体的に動きが悪くなっていきます。五十肩の施術には、肩甲骨の動きを出すための特別な運動療法を、さらには動きの制限をかけてる筋肉に対して鍼治療を行い、仕上げに身体全体を見ていき歪みからくる肩の動きの悪さを矯正治療にて整えていきます。

料金表
初診1200円 再診600円 【3割負担の場合】
3000円~4000円(税別)
初診 5000円(税別) 再診 3000円~4000円(税別)
妙法寺鍼灸整骨院 電話番号
妙法寺鍼灸整骨院ネット予約